俺の背中を見ろ…。そう、社員は教育者の背中を見ている

まずは教育される側の社員の事情と問題

最近の新入社員の会社への定着率の低下が驚くほど低く、一流大学卒業、一流企業入社であっても一つの会社での定着するケースは少なくなってきています。これは社会のグローバル化やいかに少ない人数で利益をあげなければならないという世の中に即した企業の厳しい事情もあり、かつてのように企業で社員をじっくり育てる教育が希薄になりつつあり、使い捨てのような傾向があるからです。
当然企業における社員の使い方に対して、社員自身も企業を見きって3年程度である程度の経験と自分の必要なスキルを取得した時点で退社するなどの事例も多く、最近の社会事情も反映して教育される側の社員が一つの企業に長く定着するメリットを見いだせずにいるようです。

企業側の教育者の問題

企業側からしても定着しない社員に対して採用に携わる社員経費や新規に採用した社員が戦力になるまでの多大な経費など考えると、社員を教育し、企業に長期定着させるための教育に中々力を入れきれない部分もあるようです。
こんな事情で企業側の教育者のモチベーションの低さも昨今随分指摘されているところもあります。いくら熱心に社員教育に従事してもというところで成果があがらない辛さは確かにあります。
しかし企業側の教育者も少し根本的な所を忘れているところがあるのではないでしょうか。企業における会社の理念を社員が充分理解し、組織として業務にあたることでその企業が競合する他社と一線を画くし自社が伸びることが社員それぞれの収益に繋がり、社員個人の報酬の向上に繋がることを忘れてはいけません。またそれが企業に勤める社員のやりがいで、個人ではなし得ない総合力で組織を盛り上げることの喜びを感じさせる教育が必要なのです。
この教育には新入社員や企業組織での勤務経験の浅い社員では未だ理解しえない実務豊富なベテラン社員からの経験教育が必要です。この部分を踏まえた企業の教育を充実させて組織の盛り上げをすることが重要です。