どうして?教えても教えても社員が育たない理由

相手に危機感がないと、教えてもうまく吸収されません。特に若手の社員に多いのですが、現状に怠慢になってしまっている場合も多いです。若手社員ということは、当然上司という存在がいます。結局、分からないことが

俺の背中を見ろ…。そう、社員は教育者の背中を見ている

最近の新入社員の会社への定着率の低下が驚くほど低く、一流大学卒業、一流企業入社であっても一つの会社での定着するケースは少なくなってきています。これは社会のグローバル化やいかに少ない人数で利益をあげなけ

教えるのは「ティーチング」、育てたいなら「コーチング」!

部下や後輩を指導する際によく用いられる手法が、「ティーチング」と「コーチング」ですが、この二つを混同してしまう、または勘違いして使ってしまっていることがよくあります。ティーチングもコーチングも、共に指

社員教育を任命された!教育者側のメリットとは

社員教育の教える側になった場合には、教える部分の知識や情報を再認識する事ができます。特に仕事や作業に直結している場合には、復習する事ができるので、素晴らしい人材として自分も成長する事が可能です。社員教

デキる教育者は「肯定表現」を上手に操っていた

否定表現は、いわば禁止の意思表示なので、人を萎縮させ消極的にするものとなり、その人の能力を制限する方向に作用します。一方、肯定表現は、いわば推進の意思表示なので、人を溌剌(はつらつ)とさせ積極的にする

社員教育で社員を戦力に

社員教育はまずビジネスマナーから教えないといけない状況です。次に重要なのが仕事にたいしての腹おちと、これからのビジョンを教えてその中の仕事のポジションを教えるのが重要です。